くろねこ時計


プロフィール

のぶさん

Author:のぶさん
世田谷生まれ育ちの「のぶさん」ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次太夫堀公園民家園

世田谷区では日本の歴史を残すために、
岡本公園民家園と次大夫堀公園民家園の2か所を一般公開。
次大夫堀公園民家園は、公園内の次大夫堀や水田とあわせて、
江戸時代後期から明治にかけての農村風景を再現しています。
そして、四季折々に農村に伝わる行事等も行っており、
昔ながらの生活や風習を体験することができます。

(喜多見5丁目)
東京農大、食の博物館

世田谷区内には大学が沢山あります。
その一つである東京農業大学は、中心的存在です。
大学キャンパスの向かいにある馬事公苑の入り口付近には、
東京農業大学「食と農」の博物館もあります。

大きな鶏のモニュメントが目印。
この博物館では、農大の教育と研究の成果を発信しています。
食や農の環境について理解を深めることができます。
入場無料で、その他に公演なども行われています。

(上用賀2丁目)
三軒茶屋の猫

副々都心の三軒茶屋。
キャロットタワーが建設され街が変わった。
JRの駅が全くない世田谷区なのだが、
少しは垢ぬけした街になった。

しかし、昔からの飲み屋街は存在する。
裏通りを歩くと戦後から続いている雰囲気がある。
こんな町が好きだという世田谷人は多い。
その飲み屋街を猫が静かに歩いている。

(三軒茶屋2丁目)

風見鶏を飾る家。

clip_image002.jpg

街を歩いていると美邸が目に留まる。
高価な家に見えなくても、住んでいる方の人柄を感じる家が良い。
この家は、門に「風見鶏」が飾ってありました。

素敵な家は外観だけではありません。
花を飾ったり、緑に包まれたり、小さなところを飾って楽しむなど。
その家の前を通るだけで楽しくなります。

家全体が茶色で寂しい気がしますが、
この「風見鶏」が、家全体の楽しさやゆとりを感じさせてくれます。
きっと建築した人に夢があるのでしょう。

(下馬4丁目)
串源

新橋から世田谷に来た焼き鳥店。
新橋時代も、常に店内は満席の人気店だった。
ビルの建て直しで新橋は閉店。

馴染み客たちが首を長くして待っていた店。
オフィス街と異なる世田谷区太子堂下の谷商店街。
住宅街だが下町の風情がある場所。

開店以来、愛好者が増え続ける味。
焼き鳥、うなぎはもちろん、つくねとレバーの刺身も抜群。
砂肝和えも珍しい料理。

区内一の味と言っても過言ではない。
但し、土日は少ない座席が満席になるので注意が必要。
値段?…新橋のサラリーマン料金だから安い。

(太子堂2丁目)
目黒川源流合流点

烏山川と北沢川の合流点。
ここから目黒川になって流れていくのだ。
今は、蓋がけされて緑道になっている。

目黒川は、神田川と並んで暴れ川で有名。
緑道整備と同時に治水対策をして改善された。
その合流点に標識が立っている。

子どもを象徴したモニュメントも…。
夏になると、この付近でカルガモ親子が見える。
最近では3組くらいが見えたこともあった。

(三宿2丁目と池尻3、4丁目)
上海家庭料理「大吉」

本格的な中国料理。
この味は、横浜中華街の人気店にも匹敵する。
安くて美味しい店なのだ。

店内では、たどたどしい日本語で応対。
調理する方も、本場中国の方なのだろと思う。
中国酒も様々な種類が並べてある。

お昼時は、定食メニューもある。
その他では、850円の中華丼がお勧め。
食べたら、再び来たくなる店だ。

場所は、世田谷通りに面して、
世田谷区役所入り口交差点からすぐ近く。
駅は世田谷線松陰神社が近い。

(世田谷4丁目)

鳩ぽっぽ保育園

はとぽっぽの家保育園

私が卒園した保育園。
戦後すぐに出来、はとぽっぽの家保育園と呼ばれていた。
しかし、経営者が廃園にするという話になった。
皆で存続の運動をした。

結果的に経営者が代わって残った。
名前も変わったし、園庭も狭くなってしまったが残った。
新しくなったここへ、天皇皇后両陛下がご来臨。
その時に、残して良かったと思った。

(太子堂1丁目)

世田谷八幡宮

世田谷八幡宮

この神社は、
源義家が奥州の内乱をとり鎮めた記念に
建てたと伝えられている。

その後、天正15年(1587年)に
世田谷城主の吉良頼康が、新しく建てた。

昔から行われている、
秋祭の奉納相撲は有名。

(宮坂1丁目)

大山街道の道標。

大山道の道標

三軒茶屋交差点の分岐点に道標がある。
江戸町人が大山詣りが盛んになった時代に通った大山道。
当時、沿道に数多くの道標が建てられたという。

冨士・世田谷道・登戸道は、現在の世田谷通り。
この道標も、東京オリンピックなどで何回か移設されたが、
昭和59年に、現在の元の場所に戻された。

相州道、二子道も、現在の玉川通りだ。
この街道沿いに、3軒の宿があったので三宿と名付けられ、
また、3軒の茶屋があったので三軒茶屋と…。

(三軒茶屋2丁目)

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。